FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

⑳「いずみの会」の関西交流会

いずみの会の斉藤です

12月23日(金・祝)大阪市の大淀コミュニティセンターでいずみの会関西交流会が行われました。

参加者は私を含めて16人。
過去最高の参加人数でした。

12月23日大阪


ご夫婦で参加された方3組。

Aさん:肺がん、脳腫瘍、食道がんを経験しましたが、すこぶる元気
    な方
Bさん:口腔がん 手術をされない選択。現在免疫療法を受けてい
     ます
Cさん:Bさんの奥様 乳がん ご夫婦で食事療法をされています

Dさん:肺がん、分子標的薬タルセバを飲まれています。
    ウエルカムセミナーでは声が出しにくかったのですが、当時と
    比較しても
    力強い声がでていると感じました
    途中、奥様が代わりに経過を話されました

Eさん:乳がん  最近、抗がん剤をご自身の直感で中止

Fさんご夫婦:奥様が乳がんを温存手術。食事療法をされています

Gさん:甲状腺、乳がん お茶の水クリニックの指導の下 食事療法
    をされています

Hさん:乳がん ご自身の判断と信念で手術をされない選択をされま
     した。
    自分で作ったものだから共に生きていきたいと。
    食事療法とタップダンスをしています

Iさん:ご主人が膀胱がん。本日、ご主人は出席されませんでした
    奥様の薦めにより、お茶の水クリニックの食事療法を選択

Jさん:大腸がん 抗がん剤を2年以上使用されています。とても明
    るい方
Kさん:膀胱がん 免疫療法(BCGを膀胱に注入)で完治されました

Lさん:前立腺がん ホルモン療法と食事療法をされています 経過
     良好です

約2ヵ月に一度の関西交流会となりますが、がん患者とその家族が集まって自身の事を話し、皆で支え合うことは、がんと戦っていく上でとても重要なことです。

人と人とのつながりが免疫力を高めていくのです。

孤立感が和らぎ、連帯感が生まれ、安心したり、希望が持てたり、勇気づけられたり感情を出すことにより気持ちが整理できたりして、心
が和み癒される体験が生まれてくるのです

次の一歩が踏み出していくことが出来ます

また、がん患者の交流会では助けられる経験も
助ける経験も同時に体験出来ます。

言い換えれば、参加された方一人一人がボランティアの役割を、
になっているのです。

100歳を超えて生きている方(一世紀を生きている)をセンテミリオンと言います

このセンテミリオンの方を調査した結果、共通項が多い中の一つがボランティアをしていることでした。

人の役にたっているという充実感が、長寿遺伝子(サーチュイン遺伝子)を発現させているのです。

これも心の治癒力の一つです。

次回の「関西交流会」は3月2日(木)。
いずみの会会員もしくは、入会を前提とされる方になります
参加費:500円   定員20名

場  所:大阪市立 大淀コミュニティセンター第4会議室 
※地下鉄谷町線・堺筋線、阪急「天神橋筋六丁目」下車
 徒歩約8分

お申込みは「いずみの会」ホームページから申込いただくか
電話052-768-7311 月・水・金の10:30~15:00におかけください
※いずみの会事務所移転のため、以前の電話番号052-363-5511は変更となりました





スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

斉藤さん、関西交流会、引っ越しなど連日ご苦労様です。

交流会、たくさんの方の参加で熱気を感じます。

素晴らしいですね! 機会があったら是非参加してみたいです。

何とか新事務所をきれいにして、皆さんが利用しやすいようにしたいですね。
プロフィール

NPO法人 いずみの会

Author:NPO法人 いずみの会
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。