FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

㉚6年前の体験談(原田副代表)と昨年11月の「いずみの会関東交流会」について

いずみの会 斉藤です

いずみの会の会報誌を2ヵ月に一度発送していますが、平成24年の2月に掲載した原田さんの体験談を紹介したいと思います。

約三分の二に要約しています。

今から6年前の話です。
原田さんは、いずみの会の副代表で横浜市内にて
関東交流会(いずみの会会員限定)を2ヶ月に一度、開いています。
昨年11月12日での関東交流会の報告を先に紹介します

  **********
平成29年11月12日(日)に “かながわ県民センター”で関東地区交流会を開催しました。
参加者は11名(内家族2名)で、東京から6名、神奈川から3名、埼玉から1名、千葉から1名でした。

はじめに皆で歌い、自己紹介と楽しかったことの紹介をしていただき、Tさんが調べた
①がんの原因と発症のからくり・多岐にわたるストレスの原因と対処法、
②乳がんの原因・診断・治療退縮についての紹介を頂きました。

今回のテーマは「体を動かす方法や運動」でしたので、皆さんの状況をお一人お一人から話していただきました。

会員さんから次のような感想文をいただきました。

「今回の交流会も楽しく歌うことから始まり大きな声で歌えば自然に表情も明るくなり晴れやかな気持ちになりました。

今回のテーマ運動について参加者の方々の実践していることを伺い、自分でも出来そうなものがあったので早速取り入れてみます。

マインドフルネスや禅のお話もあり、難しい事を考えず・ゆったり呼吸をし・無になる時間を持つことを大切にしたいと思いました。

今回も食事、運動、心のお話を柱とした有意義な時間を過ごすことができました。」

次回のテーマを何にするか意見交換の中で、私から「交流会は参加者のつながりの場として貴重ですかが、参加者が来てよかったと思ってもらえる様な情報を提供していますが、参加者からの情報発信が少ないと感じています」と話したところ、Sさんから「毎回、報告者を事前に一人決め、がん発症から今日までのお話をしていただいたらいいんじゃないですか」と提案をいただきましたので、取入れることにしました。

次回の3月18日(日)の関東交流会は会員Oさんにお願いすることになりました。
よろしくお願いします。
   ***********

それでは6年前の体験談となります
●原田さん
横浜から来ました原田といいます。
前立腺ガンで、骨転移があります。平成19年の10月にわかりました。その1年ぐらい前に、健康診断でPSAが高くて受診はしていたんですが。

今、5年目に入っています。現在は抗ホルモン剤の注射等をして、あとはPSAの検査をときどきやっています。
5年過ぎてないので、中山会長から年、5年はまだ初心者だと言われておりましたので、10年、15年、20年とやっていこうかなと思っています。

私がガンになった原因はほとんど百パーセントストレスです。
もともと性格が、見ていただいてもわかるかと思いますけれど、几帳面で、人から何か言われると非常に気になる性格で、家庭の問題とか、職場のストレスとか、性格があってとか、いろいろなストレスが重なってなったんだろうと思っています。

今一番気持ちよくやっているのはラジオ体操です。
朝は尿飲料をして、1時間ぐらいの散歩。

それから朝30分の体操をやっています。やっている体操は、佐保田鶴治さんの『ヨーガ入門』というのがあるんですが、その簡易体操とラジオ体操、それから安保徹先生の全身体操の改良版をやっています。

しこをやったり、最後にシャドーボクシングみたいなのが入ったのですが、それをやると大体30分です。

朝はコップ1杯のニンジンジュース、それからすりゴマをたくさんかけた玄米ご飯と味噌汁と漬け物。
水分は番茶。大豆製品のお豆腐とか納豆、根菜類など野菜の部類をとっています。

私の場合はストレスが原因なので、松井病院に入院したときも、食事療法を厳しくしなくてもいいと言われて、アジのフライも半分ぐらいならいいと言われました。
3年間ぐらいは厳しくやりました。
3年間ぐらいやるとだいぶ体も変わってきて、何かいい調子だなと思っていて、週に何回か魚を中心に少しは食べています。

それから、体を温めるというのは私にとってはとても気持ちがよく、効果があります。
靴下の重ねばき、それからズボン下も重ねてはいています。
あとは半身浴。
季節によって温度を変えて、夏は27~28℃、秋は29℃、今は40℃ぐらいに入っています。時間は20分か30分ぐらい。
1時間過ぎからが効果があると言われたことがあるんですけれど、排毒というよりは体を温めることで20~30分入っています。

あとは腹巻と、冬寝るときは湯たんぽ。それから、冬だけではなく、1人用の電気マット。ごろんとしているときはその上に乗っかるということで、気持ちがいいなと思っています。

それと生活の改善、早寝早起き、過労を避ける、規則正しい生活、整理整頓。
1年ちょっと休職していたんですが、たまりにたまったものを少しずつ整理しましたけれど、とても大変でした。
でも整理整頓ができてよかったなと思っています。

ストレスを減らすために 一番力を入れているのは、考え方とか感じ方を何とかして減らせないか。これは非常に私にとっての課題です。

過ぎ去った過去とか、まだ来ない未来のことを心配したり不安に思っていても、過ぎ去ったものはどうしようもないし、来てないものは来るまでわからないわけなので、そのことを考えても答えは出ない。

だから、何をやるかというと、言葉で言えば、今やるべきことに集中するということです。
これがなかなか難しい。ついつい過去のことに気がいってしまう、将来の不安にいってしまうとかいうことがあるんですが、そこを努力しています。

あとは、例えば具合が悪くなってしまった。不摂生して具合が悪くなってしまったときに、あのとき、もっとちゃんとやってればよかったなといっても、やってなかったわけだから、そのことを悔やんでもどうしようもないわけですね。

だから、今何ができるか改めて不安感を重しにして今やるべきことをきちっとやるということで、不安感をちゃんとやるための重しに使おうということでいます。

人間というのはそんなに簡単に死なないと思っているので、仮にドーンと落っこちてしまっても、ここからしっかりやっていけば必ず改善してくるというふうに思います。

逆に動揺してしまってからやることはまずいですよね。どんどん悪いサイクルになってしまいますので、今できることに集中するということですね。

どういうふうにして治っていくのかということなんですけれど、何が問題になっているかというと、たぶん例えば自律神が経とかホルモンバランスとか、いろいろな体内機能があるんだと思うんです、それはバランスで動いているのに、病気になるということは、そのバランスがとれなくなって偏っていると思うんですね。

だからそのバランスをとる必要がある。ではどうしたらとれるかということなんですが、意識的には制御できないわけですね。

自律神経というのは意識から自律しているから自律神経なんで、こうしようと思っても自律神経は制御できない状態なんですね。

自分に向き合う。ではこの無意識のレベルをどうするかということなんですが、私が今思っているのは、自分にとって気持ちのよいことをやると無意識の中に入ったことだと思っています。

では何をやると気持ちがいいのかということなんですけれど、自分の体とか自分の心がどんなふうに感じているのかというのは意外とわからないものなんですね。人間には慣れというのがあって、同じような状態が続くと慣れてしまってわからなくなってしまうんですね。

例えば私が初めてメガネをかけたとき、世の中はこんなにきれいなんだということを忘れていた。昔はよく見えていたはずなんですが、だんだん悪くなっても気がつかないんですね、自分が見えてないということを。で、メガネをかけて初めてわかったということですね。

どうしたらそういう自分の体と心が気持ちよいことに気がつくかというと、やっぱり自分の心と体に向き合わないとわからないと思うんです。

この向き合うというのもなかなか難しくて、私が生活の中でどういうときに自分の体と心が感じられたかなと思ったら、旅に行って、宿に着いて、後で夕食が待っている中で温泉に入ったときです。

ほどよく疲れた体で、露天風呂なら外が見える中で入ったときの感じ、感触ですね。
ああ、自分の体を感じたなあというふうに思って、それをいつもお手本にして、個人的ですけれど、自分と向き合うときの助けにしています。
先ほどラジオ体操を毎日やっていると言いましたけれど、とても気持ちがいいんです。
やるとだんだん気持ちよいところが変わってきました。

体がよくなってきているせいだと思うんです。だから今、一つひとつの動きの気持ちよさをしっかりと味わいながら、温泉に入ったときの、体とか心が、ああ、気持ちいいなというようなこと、あれを感じながらラジオ体操を毎日やっているとどんどん気持ちよくなりますね。

ただ機械的にやるのではなくて、気持ちよさを味わうのがおすすめだと思います。

あとは、嫌な人に会ったとか、ある人に嫌なことを言われたりすると、とても気にするほうで、嫌なやつだな、生まれ育ちにゆがみがあってそんなことを言ったかなと、相手のほうに意識がいってしまうんですけれど、そういうふうに嫌なやつだと思っているのは自分であって、解釈しているのは自分なんですね。

たぶんその人は、自分の気がつかない何か偏った部分が気になっていろいろ言ってくるわけなんですね。
だから、私が気がつかないそういう偏った部分を自分に気がつかせてくれるために会ったんだなというふうに思うようにしています

ただ、かなり強烈なことを言われたりすると自尊心が傷つけられて、私は私なりにちゃんとやってるつもりなんだけれど、私の理解からすると不当なことを言われると、こんなにちゃんとやってるのにどうして認めてくれないんだというようなことで、その痛みみたいなものを和らげようと、その人から離れても、四六時中いかに自分が正しくて相手が言ってることが間違っているのかというようなことを、頭の中で言ったりするわけですよ。

これはこうでおかしいと。でもそんなことをやってもちっとも癒されないんですね。

仏教用語で「忍辱」という言葉があります。忍耐、屈辱、忍辱、屈辱に耐えるという言葉があるのですけれど、それを聞いたときに、要するに自分の受けた屈辱感をそこで解消させようとするのではなくて、その屈辱感はいったん受けて、隅っこではなくて体のところでちゃんと受けとめたうえで、でもそれについて何かやるのではなくて、それはジンジンいろいろ来るのはそのままにしておいたうえで、今やるべきことをやる。

例えばそれがかなりシビアな刺激だったら、散歩するとか運動するとか、何か体を動かす。
この体を動かすときには「よくなる、よくなる、きっとよくなる」と思うわけですね。

私も初めのころ体調が悪いときは、万歩計をつけて言葉の力を借りて、
「よくなる、よくなる、きっとよくなる」「よくなる、よくなる、きっとよくなる。ずんずんよくなる」と、歩きながら繰り返して言ったわけです。
だんだん気持ちが落ち着いてきて、中から元気がわいてくるということが確かにありますので、ぜひやってみたらいいと思うんですけれど、そういうことで時間を稼ぐ。

そうすると、ジンジン体に刺激があった嫌な思い出というのは、体は慣れるので、だんだん薄らいでくる。
半身浴をしたり、ショックがあまり大きくて疲れたら寝るとかいうことで、しばらくやり過ごしたうえで、刺激が少し下火になったら、さっき言ったように、何か自分に至らないところがあるからそういう対応を受けている。

これは間違いないんです。

だからそれを気づくチャンスに使う。そういうふうに思うと、嫌なことというのはとてもありがたいことだというふうに思えていいなと思っています。
見えなかったものが見えてくる。

最初のころはびわの葉温灸をやっていたんです。
葉っぱを探したんですけれど、なかなかないんです。

初めて回ったとき、2ヵ所見つかりました。ああ、やっぱりこの地域はビワの葉が少ないなと思ったんですけれど、同じところからビワの葉はとれないので、もっとどこかにないのかなと思って繰り返して見ているうちにポツンポツンと見つかってきました。

そうやっているうちに感覚が出てくるようになったんです。このあたりにあるかもしれないと。ビワの葉がどういうところにあるかというのがだんだんわかってきて、それで見えるところもあるし、そういう感覚ができると、車を運転していても、何となく葉がもぞもぞっとするんです。

ブレーキを踏みながら、ちらっと1秒ほど見ると、車を運転しながらでも見つかるようになる。
それから、若芽時になると、ビワの芽というのは独特の芽なんですけれど、何百メーター先からも見える、わかるんですね。
ああ、やっぱりいろいろわかるんだなと思って1年ぐらい過ぎても、まだあるんです。

ふだん通勤している通路なんですけれど、こんなところにあるのにどうして気がつかなかったんだろうと思ったんです。

こういうことを経験して、人間というのは全部が見えているわけではないんだなということですね。
だから、何かやりたいと思って念ずれば通ずるということがありますけれど、一生懸命やると、実は見えるはずのものが見えてないんだということが見えるようになった。

単に精神論ではなくて、あるんだと、念ずれば。その念ずるの念というのは、これはちょっと私の勝手な解釈なんですけれど、「心」の上に「今」です。

だから、心を今に集中してやるということが大切なんだなというふうに正当化してみるんですけれど、やっぱり心を今にとどめてやるということがとても重要ですね。

私にとってのいずみの会、情報交換をしたいなというのが一つです。

それから、私がかなり出席している理由は、出席すれば、会員の方とか講演の方のお話を聞いたりできてうれしいし、元気ももらえるわけですね。
定例会が終わると1週間ぐらいはその元気が続きます。
残りの7週間は、次回の出席を考えて、それを励みに自助療法をやるということなんです。だから私にはとてもありがたい存在だと思います。

それから、先輩会員がいるということが実はかなり重要なことで、直接的に何かご高説を賜るとかいうことではなくても、15年、20年生き抜いてきている人を実際に見ていると、潜在意識にも当然しみわたってきて、かなり有効に私には働いているように思います。

だからぜひ古い会員の方も続けて出席してもらいたいし、できればこういう形でかわり番こにお話を聞かせていただくのもいいかなと思います。
私はこういう機会をいただいて、ここ1週間ぐらい何を話そうかなと一生懸命原稿も作ったりしてやって、とてもいい機会を与えていただいたと思って感謝いたします。ありがとうございました。
スポンサーサイト

㉙ 尿療法講座の報告

いずみの会 斉藤です

今回は昨年12月8日(金)に、いずみの会事務所で行われた
「尿療法」講座についてお話ししたいと思います。

講師は高田たみ代さん。
聴講者は、すでに尿療法をしている方やこれから始めて見たい方、飲もうと思わないけど興味があった方など14名の方が参加。

高田さんは尿飲料歴27年。

尿本

尿は自分の体の情報源です。
血液が腎臓で濾過され、また尿細管で再吸収され体のすみずみを一回りも二回りもして役目を終えた尿は貴重な情報が満載です。

尿には、生体の状態を反映するさまざまな「代謝物質」が含まれています。

自分の尿に含まれている代謝物質の異常情報を飲む事によってセンサーが働き現在の自分の今の状態を分析。
そして体を自然な健康状態に戻そうとする自己治癒力が動き出すと言われています。

のどのセンサーは、体にとって良いものか悪いものなのか判断すると言われています。

蝶々などは触覚にそのセンサーがあり、触覚で葉を触り、毒がないか判断します。
自分が産み付けた卵が孵化して幼虫がその葉を食べた時、生き残られるかどうか触覚のセンサーで調べるのです。

アゲハチョウは柑橘系の葉にしか卵を産み付けません。
その他の葉にはアゲハチョウにとっては毒があり、食べれば死んでしまいます。

私の自宅には4種類の柑橘の木(鉢植です)がありますが、観察していると同じアゲハチョウでも産み付ける木が違っているのです。

多分、自分が幼虫の時代に食べてきた木の葉(例えば柚子の木には産み付けるが、スダチ・ポンカン・八朔には全く産み付けません)を選んでいると思います。

私の家のお隣さんの庭には大きな柚子の木が有り、そこで育ったアゲハチョウが、せっせと私の柚子の木にも卵を産み付けると推察します。

観察してると楽しいですよ。

産み付けた卵は私がせっせと取り除きますけど。

尿飲料療法、試してみる価値はあります。

おしっこを飲む!なんて出来ないと思っているあなた。
しかし、誰でもどなたでも知らず知らずのうちに飲んでいたのですよ。
それは母の胎内にいた時です。

へその緒から栄養は取っていたけど、おしっこはしています。

羊水には自分のおしっこが混ざっています。
当然おしっこが混ざった羊水を飲んでいるはずです。

今、あなたが尿を飲めば、無意識下の中で胎内記憶が呼び戻されると考えます。

その胎内記憶が呼び戻される過程で本来持っていた免疫力(修復の遺伝子)がむくむくと目覚める可能性があります。
 
おちょこいっぱいだけでも、うがいするだけでもいいのです。
そして飲むなら「マイおちょこ」を持ちましょう!
朱塗りのおちょことか、有田焼のおちょことか「ぐい飲み」です。
豪華一点主義

いずみの会の理事で、定例講演会の司会をして頂いている
千田伸子(結腸がん・肝臓転移)さんをはじめ、
いずみの会理事Kさん(大腸がん)、
いずみの会理事のOさん(肺線がん・脳転移)、
いずみの会ボランティアのOさん(子宮体がん)、
同じくTさん(前立腺がん)、
Tさん(肺腺がんステージⅣ、昨年いずみの会に入会後、各種講座・勉強会に参加)などは尿を飲んでいました。

がん克服の一つのツールとして尿飲料を取り上げましたが、私の身近でこれだけの方に効果が有った事?は驚きです。

特にTさん(肺線がん・ステージⅣ)は今年3月から尿療法を数ヶ月続け、一時中断しましたが、最近の検査で腫瘍マーカー(CEA)が3ヶ月連続で急激にストンストンと落ちてきました(CEAが最高200台から50台に縮小)。

Tさんは尿療法で効いたかどうかは自分では分からないが、自身が行っている他の療法も含めた総合力で良くなってきたかもと言っています。

尿飲料療法がなぜ良いのかいろいろな理由があると思います。
普通に考えれば(何が普通か分かりませんが)体にとっていらないから尿として排出するのです。
脳はこうも考えると思います。あくまで私の意見ですが。

「せっかく苦労していらない物を尿として出したのに飲みやがってばかやろう」
飲んだ尿が自身の体に悪い影響を与えるかもしれないと思い、免疫細胞などが異常がないかどうか体中をリサーチすると思います。

そのリサーチの過程で免疫力が高まっていくのか、あるいは非常事態と考え応援を呼ばないかんという意味で眠っている「修復の遺伝子」を目覚めさせるとか考えます。

健康雑誌「壮快」にはたびたび尿療法で、がんを克服された症例が掲載されています。

自分の尿を飲む行為は、良い意味で相当なインパクトを体や心に対して与えていると思います。

毎日飲む行為(飲む度に、これで私はよくなっていくと思っていく事)が、少しづつですが体に良い刺激を与え続けると推察します。 
毎日の積み重ねこそが大切ですね。

そうは言っても私は飲むつもりはありません。
絶対イヤです。

尿飲料の注意点があります。
血液検査の3日前には飲むのをやめましょう。
とんでもない数字が出て強制入院させられる場合がありますから。

がん克服支援活動:いずみの会から

お知らせです


第16回 ミニ体験談発表とおしゃべりサロンを開催します

講師:小坂部 優さん

胃がんⅡ期B 4分の3切除 抗がん剤4クール予定を2クールで、ここがやめ時と思い覚悟を決め止める。

その後、飲む抗がん剤も全て破棄。自分に合う食事療法と気持ちの切り替えを実践。
現在13年経過のいずみの会の大先輩です。
※いずみの会監事(いずみの会会計の監査をして頂いています)

日時:1月22日(月)13時~15時
場所;いずみの会事務所
    (名古屋氏名東区高社2-80佐藤ビル308号)
    名古屋市営地下鉄「一社」駅 徒歩3分

申込み:電話で申込み頂くか、いずみの会ホームページから申込みください
※電話052-768-7311 月・水・金10時~15時

どなたでも参加できます

㉘いずみの会 昨年(2017年)を振り返って

いずみの会 斉藤です

皆さま、明けましておめでとうございます。

昨年 いずみの会で実施したイベントを紹介します

①がん患者同士のおしゃべりサロン:ベリーの会(女性限定)を5回
②村田悦代さん(乳がんを切らずに自分の力で治された方)と玄米菜食弁当を頂きながらのミニ講演会と食事会を2回

③がんを克服された方々の体験談
 Ⓐ小野浩子さん:子宮体がん 
 Ⓑ伊藤奈津子さん:乳がん肝転移 
 ©熊崎さん:前立腺がんⅣ期 再発を乗り越えて13年 
 Ⓓ石川利広さん(ロペさん):胆のうがん手術不可から生還)

④高田たみ代さんの「手作り秋のマイ酵素作り」
⑤高田たみ代さんの「尿飲料講座」とは?? 大盛況でしたよ

⑥関東交流会(横浜市) 6回
⑦関西交流会(いずみの会会員限定・大阪市大淀コミセンにて) 5回

⑧いずみの会定例講演会(愛知県一宮市)6回
⑨いずみの会新入会の方へ「ウエルカムセミナー」6回

⓾ガンの辞典編集長でいずみの会理事:小澤康敏さんの「がんを克服するための勉強会」をテーマ別に3回

※⓾の勉強会は15人限定で参加できなかった方も多数おられたので今年もテーマを変えて開催したいと思っています

今日は、この「がんを克服する勉強会」の内容を簡単ですが記述します
☆第1回 「生還者に学ぶ治る人の共通点」
 ・生還者に学んで自分なりの治る人に変わろう!
 ・治る人の5タイプとは
 ・療法は十人十色 重要なのは「向き合い方」
 がん克服者の事例を交えての勉強会でした

まとめとして自分にとって
 ①健全な解釈をする!
 ②腑に落ちるがんの解釈
 ③腑に落ちる健康観・治療感
 ④腑に落ちる人生観・死生感
 ⑤自分で物差しに目盛りを刻む!

◎「あなたにとって治る(健康)とは」を参加者各自で発表して頂きました

☆第2回 「標準治療・代替療法・自然療法の役割と選び方」
 ・あなたは、がんの療法を、どのように選んでいますか?
 ・療法の役割とは!?
 ・3つの物差し
 ・変える目的と療法を一致させる
 ・からだ全体レベルで変わる:体内環境改善(健康体)
 ・こころレベルで変わる:意識、思考・・実存的転換

◎「あなたは何を変えるのか?」
 ①どうなりたいのか?
 ②そのためには何を変えるのか?
 ③どのように変えるのか?を参加者各自で発表して頂きました

☆ 第3回「治るための心づくり体づくり」
  ・治るための体とは?
  ・センテナリアン(百寿者)に学ぶ
  ・野生の動物としての人間が行う基礎的生命活動
  ・栄養障害
  ・現代のポピュラーな健康法は「引き算」
  ・治るための心とは?
  ・治った人は意識的、無意識的に何かを変えている
  ・治ることを妨げる不健全な意識・思考を変更する
  ・治る人に変わる脳の使い方
  ・変わることの最終目標は「本来の自分を生きること

 ◎「治る人に変わるために」
  ①どんな体つくりをしますか?
  ②どんな心つくりをしますか?(解釈、イメージ、考え方の癖、脳の使い方、生き方などの変更・編集)を参加者各自で発表して頂きました

本年も、いずみの会事務所(名古屋氏名東区)を中心に「おしゃべりサロン」「ミニ体験談」「勉強会」を実施していきたいと思っています。

今年初めての「おしゃべりサロン」は1月17日(水)PM1時~3時

◎ベリーの会(女性限定です)
日時:1月17日(水)PM1時~3時

乳がんⅣ期から生還された松山光美さん(昨年12月定例講演会で生還体験談を発表され反響がとても大きかったのでリクエストに応じて)を交えての「女性だけの交流会」です

参加費は千円(どなたでも参加できます)
お申込みは052-768-7311月・水・金の10時~15時まで

がんという病気と、どのように向き合い どのように歩み共に生きるのか?
どこにも行きようがなくて抱え込んでいた悩みを同じ仲間で話し合いませんか。

いずみの会は、それを一緒に見いだしていくお手伝いをしています。
がんになっても、その人らしく、自分らしく生きられる社会を目指しています。
わいわい楽しく仲間とおしゃべりすることで、悩みや不安の軽減をすることが出来ます。
患者同士のつながりが強くなり、免疫力のアップをはかります。
プロフィール

NPO法人 いずみの会

Author:NPO法人 いずみの会
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。